バンコク郊外の子連れ観光スポット・ツアー

サンプラーンエレファントグラウンド&ズー
営業時間:9:00〜17:30
入園料:おとなB450こども(身長120cm未満)B250、ビュッフェランチ:おとなB220こどもB170、
エレファントライド:おとな、こどもともにB300
クロコダイルレスリング:12:45-13:00, 14:20-14:35
マジックショー       :13:15-13:45, 15:00-15:30
エレファントショー    :13:45-14:15, 15:30-16:00

バンコクの中心部から車で1時間ほど。バンコクの西に位置します。
目玉は象のショーで、ダンスやサッカー、逆立ち、トゥクトゥク乗りのショーが音楽に合わせたドラマ仕立てに
なっており、ほかのショーより1ランク上という感じだそうです。
ワニの口に頭を突っ込むクロコダイルレスリングや、マジックショーもあり、象にバナナをあげたり、象乗り、
檻に入っていないトラとの記念撮影もできます。ミニ動物園もあるので、のんびり楽しめます。
水上マーケットとのコンビツアーが多い。単独だとウエンディツアー(日本語バス)で大人B800・こどもB400、
英語ツアーだとB600位から。タクシーで行くと、メーターで片道B300程度ですが帰りのタクシーに困るかも。
kekeさんのブログ「東京生活日記」に子連れ訪問記があります。
先日、タクシーで行こうとして、サンプラカーン・クロコダイル・ファームに連れて行かれてしまいました。
ことの顛末や注意事項はブログ「子連れde海外!!つれづれ」サンプラカーン・クロコダイル・ファームでローカルな休日をご参照ください。

サファリワールド
営業時間:9:00〜17:30
入園料:おとなB700、こども(身長100〜140cm)B450、身長100cm未満の幼児は無料。

バンコクの中心部から車で45分程度。空港の東に位置します。タクシーで片道B300前後。
名前どおりの車かバスで回るサファリ部分と、ユニバーサルスタジオのスタントショーのような
ウエスタンショーや水上アクションショー、シンガポール動物園のようなアシカショー、オラウータンのショー、
シンガポールのバードパークのようなバードショー、シーワールドのようなシャチとイルカのショーと、
バンコクらしさには欠けるものの、それぞれ水準の高い満足できるレベルのショーが楽しめます。
サファリ部分も、我が家はホテル(スクンビットのウインザースイート)から乗ったタクシーを、乗車後交渉し
900バーツでチャーターしたので、タクシーで回ったのですが、キリンやライオンやトラなどゆっくり見られて、
すごく楽しかったです。ちなみに象はいませんでした。
バスで回るより、車で回ったほうが好きな動物をじっくり見られますので、できればタクシーや車のチャーターをおすすめします。
ショーを見るとき、日なたの席になるとものすごく暑いので、多少遠くになっても日陰の席をおすすめします。
メンテナンス中でしたが、こども向けの遊具もありました。
日本語ツアーのウエンディツアーで大人1,500バーツ・こども750バーツです。我が家はタクシーをチャーターしましたが、入園料B2,300とタクシーチャーター代B900、昼食代を支払ったので、ホテルタイランドの昼食付プライベートツアー(英語)で
B1,200×4人分でもよかったかなと思っています。エアコンがバッチリ効いた車でしょうし。
kazukoさんのホームページに訪問記(写真がいっぱい)があります。

ローズガーデン
入園&ショー観覧料:おとなB380 こどもB190 象乗り別途

バンコクの西32キロに位置し、車で1時間ほどかかります。タクシー片道メーターでB300程度ですが、
帰りの足に困るかもしれません。名前どおりのバラが見事で11〜1月の季節には満喫できます。
名物はタイビレッジカルチャーショーで、タイ各地の民族舞踊、タイの伝統的模擬結婚式、
ムエタイ(タイのキックボクシング)、象のショーなど盛りだくさんです。象乗りも楽しめます。
ウエンディツアー(日本語バス)で750バーツ。

ヒンホイ(蛍)ツアー
夕食付き16:30〜22:30 料金:おとな1,800バーツ、こども2歳以上12歳未満1,000バーツ

ツアーは1年中催行されていますが、雨季が蛍のシーズンです。
雨上がりがいちばんきれいなようですが、そこは運に左右されるようです。

ドリームワールド
営業時間:月〜金10:00-17:30 土日祝10:00-19:00
入園料:B450(乗り物乗り放題) 別料金:雪の国180バーツ、ゴーカート150バーツ

バンコクの中心部から車で45分程度。空港の北に位置します。タクシーで片道B300位。
バスは北バスターミナルからエアコンバス523、戦勝記念塔からはエアコンバス528が出ています。
戦勝記念塔からのバスを利用した場合、所要時間45分ほど18Bで行くことができます。
タイの伝統的なショーや料理を楽しめる「バーンタイ」、吊り下げ型や水に入っていくタイプなどのジェット
コースターやおばけ屋敷、お菓子の家や、汽車、ロープウエイなどの各種アトラクション(乗り放題)、ハリウッド
タイプのウエスタンスタントショーなどがあります。
別料金で雪遊びやそりなどを楽しめる雪の国、ゴーカートも楽しめる、タイ最大級の遊園地です。
雪の国では長靴、ジャンバーを貸してくれます。

ダムヌン・サドアック水上マーケット
バンコク市内から南西80キロ、1時間ほどのところにある。今は生活用というより観光客向けの要素が強い。
朝の8時から10時ごろには、小舟が運河にびっしりと並ぶ。新鮮な野菜や珍しい果物、肉、魚、菓子、日用
雑貨まで舟で売っています。
ツアーはココナッツファームとセットになっていることが多い。ツアー料金に現地での手漕ぎボート代が含ま
れているかどうかの確認を。
パンダバスウエンディツアーの日本語半日ツアーで大人700バーツ、こども350バーツ。

サンプラカーン・クロコダイル・ファーム
バンコクから30キロほどにある世界最大を謳うクロコダイル・ファーム。
ローカルな休日を過ごしてみたい方に。
ブログ「子連れde海外!!つれづれ」サンプラカーン・クロコダイル・ファームでローカルな休日をご参照ください。

バンコクは一般的にあまり子連れ向きの地ではないと思われていることもあるのか、あまり観光客向けの
子連れを意識した観光やアトラクションはありません。
郊外で子連れに向いていると思われる場所をピックアップしました。
バスで行ってみたい方は、ぶらり!タイランドに詳しい行き方が載っています。