オーストラリアへの食品持込について

オーストラリアは食品は全て、申告しなければ持ち込み出来ません。
 特に小さい子や年寄り連れのツアー客でない人達は、スーツケースなどの荷物を
 農作物チェックの機械にかけられます。
 これは、薬や食料品などが入っていると、緑色にうつるので、すぐにバレてしまいます。

乳製品、卵、卵製品卵そのもの、乾燥して顆粒状になった卵、材料に卵を使った一部の製品などを含む。(同伴乳幼児のための粉ミルクやニュージーランド産乳製品は持込み可)


チーズ製品、クリームソース、カルピス、シチュー、クラムチャウダー、ココアドリンク、スープミックス(カップ/袋入り)、ヨーグルトドリンク、マヨネーズ、カステラなど


 <持ち込み禁止>

 <検疫を受ければ持ち込み可能>

<持ち込み可能>

乳製品、卵、卵製品 ×

・卵そのもの、乾燥して顆粒状になった卵、材料に卵を使った製品などを含む。
マヨネーズ、親子丼、卵粥、中華丼、生のラーメンやエッグヌードル、乾燥卵入り麺、卵入りカップヌードル、卵入りご飯・カステラ、スープ調味料類を含む
・材料の10 %以上が乳製品である食品で、乾燥食品を含む。(同伴乳幼児のための粉ミルクやニュージーランド産乳製品は持込み可)
クリームまたはミルクを含んだソース類、スープ、食品等全ての乳製品で、マカロニ、ムサカ、チャウダー、ヨーグルトドリンク、顆粒ココアドリンク、カルピス、マヨネーズ、チーズスティック(ただし特定の口蹄疫未発生国産のものは除く)

乳製品、卵、卵製品 ・同伴乳幼児のための粉ミルク
・ニュージーランド産乳製品
肉及び肉製品 ×

・缶詰以外のもの全ての種類の動物の肉。生、乾燥、冷凍、燻製、塩漬けを含む。
肉でとったスープエキス、カレーのルー(肉エキスが入っている)、チャーハンの素、乾燥ポーク、ソーセージ、サラミ、ラード、肉類の入った麺類、麻婆春雨、肉用の箱など、鶏釜飯の素、麻婆豆腐(鶏肉)・チャーハンの素、魚肉ソーセージ(ラード)、中華三昧(ラード)、とろみハオ麺(豚肉エキス、ラード)
(肉でとったスープやカレールー等肉のエキスが入ったものもすべてだめです)
・ペットフードは全て持込み禁止

肉及び肉製品 缶詰の肉および肉製品
サケ・マス及び
サケ・マス製品
・缶詰以外のもの全てのサケ・マス及びサケ・マス製品。生、乾燥、冷凍、燻製、塩漬けを含む。
*特別輸入条件があるそうです。
サケ・マス及び
サケ・マス製品
缶詰のサケ・マス及びサケ・マス製品
蜂蜜及び蜂蜜製品 × ・ 蜂蜜および蜂蜜製品
蜜ろう、ローヤルゼリー、その他食品になっている物など蜂が運んだ花粉の含まれている物も含む

種やナッツ

×

・生のローストされていないナッツ、生のピーナッツ、栗、ポップコーンを含む。
小豆、大豆、赤豆等の未調理の豆・種子類、米、シリアル用穀物、炒る前のポップコーン、未加熱のナッツ類、栗、松ぼっくり、粒餌、正体不明の種子類、一部の販売用種子類、果物・野菜の種子
・種の入っている、または種でできた工芸品やおみやげ

種やナッツ

・商品としてパックに入った加工済みの種、
塩味のついたピーナッツなど殻のついていないナッツ、アルミホイル製の袋に入ったものや、ローストされているものも含む。
・種でできた飾り物やネックレス(種によっては持ち込みが禁じられているものもあります。)

*ローストされたり、加工されていてもう発芽する恐れのないものなら、持ち込み可能。(手作りの梅干は種が発芽するといけないので不可。)
生の果物や野菜 ×

・生及び冷凍(未調理)の果物と野菜全て、製粉されていない穀物(乾物の果物、野菜類は持込可)
リンゴ、バナナ、柑橘類、核果類、全ての生及び冷凍の果物・野菜アジアの薬草も含む、植物及びその一部、未調理の種、豆(アズキなど)、製粉されていない穀物(米など)、果物・野菜用の箱など

他の食料品

・食料品−調理済のもの、調理されていないもの、また材料も含む。
・乾物の果物、野菜類
・ハーブ、スパイス類全て−各種漢方薬、トニックドリンク、茶を含む。
・ビスケット、ケーキ、菓子類−チョコレート、キャンディ、チップス、ナッツなどを含む。
・麺類や米−加工食品やインスタント食品を含む。(肉の入った麺食品は持ち込み禁止)
・紅茶、コーヒー、ミルクドリンク
・竹や籐または蔓(つる)類のバスケットやマット−ココナッツの彫物や籐のバスケットを含む

日本の食料品

・いずれも市販品で開封していないものに限ります。
ほんだし、麦茶、梅干(市販品に限る)、ふりかけ(卵の入ってないもの)、料理酒(1,125mlまで)、レトルトうなぎ(旅行者自身が持ち込むこと、内臓処理がされ調理済のもの、持ち込む量は5kg以内)

日本の食料品 × カレーのルー(肉エキスが入っているので)、インスタント味噌汁(豆の持ち込みが禁止されているので)、インスタントラーメン、カップラーメン(卵を使っていない麺で、肉や肉エキスが入ってないものならOK)。

・経験上OKだったもの
緑のたぬき、赤いきつね、レトルトのマツタケご飯・肉の入ってない五目釜飯・お赤飯、草加せんべい、サラダせんべい、クノールのスープパスタ(たらこクリーム、完熟トマト)、カゴメのリゾット(かぼちゃのクリームリゾット、きのこのチーズクリームリゾット、完熟トマトと魚介のリゾット)、しょうゆのお弁当用ミニパック、肉のはいっていないベビーフード、ペットボトル入りのイオン飲料・お茶、マイクのしょうゆポップコーン、飴、チョコレート、クッキー、クッピーラムネ、そうめん、そうめんのつゆ(缶入り)、パック入りの焼き海苔、和風ステーキソース
※リゾット類、スープパスタなどは上記の表からすると本当は不可だったのかもしれないので、ご注意ください。

子連れでいく場合は、自炊しない場合でも、ベビーフードやお菓子等食べ慣れた食品をもって行きたいと思う場合も多いものです。
特に持込が厳しいオーストラリアの食品検疫についてまとめてみました。
きちんと申告すれば大丈夫
現在、特にケアンズでは、ほとんど全員がX線またはスーツケースをあけての審査がおこなわれるようです。
狂牛病、鳥インフルエンザなどの関係で、かなり厳重になっていますので、くれぐれも申告もれのないようにお気をつけください。
普通のレジャー旅行者であれば、注意が必要なのは、食料品、キャンプ・スポーツ用品(土・砂のついている可能性がある)になると思います。
きちんと申告さえすれば、大丈夫かどうか検疫官が審査してくれて、だめなものは没収されるだけなので、怖がる必要はちっとも
ありません。申告していないものが見つかった場合は、法律違反で捕まることになり、$220 の罰金が科されるか、起訴され罰金
$60,000 以上や懲役以上や懲役以上や懲役以上や懲役10 年が科せられることもあり得ます。旅のはじまりでいやな思いをしな
いよう、ご注意ください。
オーストラリア入国の際申告が必要なものについて
オーストラリアへの入国の際申告が必要なもの、持ち込み禁止品の詳細については オーストラリア検疫検査局のページを参照
してください。
入国・申告にあたってのアドバイス。
・入国用カードの記載、係官への説明ができるように、英語でメモしておくなど準備する。粉薬の処方薬、漢方薬などは処方箋を用意しておいたほうがいいかもしれませので、あらかじめ当局に確認したほうが無難です。
・検疫の対象となりうる物品を検査のためすぐに提示できるようにしておく。(特に食品)
・食品の表示ラベルに目を通し、材料に持込み禁止の物が入っていないことを確認する
・スポーツ用品・キャンプ用品・砂遊び用品、靴などは、砂・土をすべて洗い落としておく。
・英語で質問された内容や、答え方ががわからない場合は、"Japanese speaking staff, please !"と言って、日本語のできる人を呼んでもらいましょう。質問の意味がわからないのに「Yes」「No」と答えたり、曖昧に笑ってごまかしていると、別室に連れて行かれたり、拘束されてしまう恐れもあります。オーストラリアの空港にはだいたい日本語のできる人がいますので、あせらないでくださいね。
・申告を忘れがちなもの
 機内食の残り、こどものカバンに入っているお菓子等、自宅を出発後に購入した食品、キャンプ・スポーツ・砂遊び用品。
オーストラリアへの食品の持ち込み制限
2004年9月5日現在です。条件が変わったり、審査が厳しくなったりすることがありますので、必ずご自分でオーストラリア検疫検査局のページで確認してください。ほかのページも同様ですが、当方では一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
なお、お米を持っていく場合は個人の旅行でも米の輸出にあたりますので、オーストラリアへに限らず、届出が必要です。
FAXするだけでいいようです。用紙フォーム等は関東農政局東京農政事務所のサイトをご参照ください。

※○は検疫が必要、三角は輸入条件に合致すれば可、×は持ち込み不可。