ケアンズの子連れ基本情報

・ケアンズはハワイより近いうえ、時差も1時間しかなく、子連れ旅行初心者には特におすすめです。我が家の初子連れ海外もケアンズ・ポートダグラスでした。
きれいなビーチやコアラやカンガルーとのふれあいなど、こども向けのアトラクションがいっぱいありますし、1年中泳げます(6月〜8月などは少し涼しい)。おみやげ屋さんや観光ツアーで行くところでは日本語対応スタッフとしてワーキングホリディの日本人を採用しているところが多いです。
オーストラリア人は乳児でもバカンスに連れ歩くので、子連れ旅行向けの施設は充実してます。
・リゾート気分を味わうなら、グリーン島、リンデマン島、ハミルトンなどのアイランドリゾートや、車で90分ほどのポートダグラス、50分ほどのパームコーブのリゾートホテルもおすすめです。

飛行機 成田、名古屋、関空、より直行便あり。成田から行き帰りとも7.5時間。
気候 平均最高気温は7月26〜1月32度と年間通して半袖でOK。6〜8月は多少涼しいが天気がよければ1年中泳げます。1月〜3月が雨期で湿度が78%程度になる。ほかの時期は湿度70%前後。
時差 日本よりプラス1時間。日本の午後3時が現地の午後4時。
治安 かなり治安のいい地域ですが、日本同様最近は犯罪が増加傾向にあります。夜間はひとり歩きは避ける、人気のないところは歩かないなどの注意は必要です。
衛生医療 水道水が飲め、衛生的な都市です。医療水準も高く、安心。
通貨 オーストラリアドル(A$).1A$は70円前後で1ドル100セント。
クレジットカード使用可能の店が多い。オーストラリアドルのトラベラーズチェックはクレジットカードが以上に使える場所が多いので、日本からオーストラリアドルのトラベラーズチェックに両替して持って行き、必要な分だけホテルで現金化してもらい、あとはTCとクレジットカードを使えばOKです。
紙オムツ 簡単に入手可能ですが、日本より高いし品質があまりよくありません。
食事 シーフードが安く、日本人向けです。ステーキは「レア」を注文してウエルダンとミディアムの中間ぐらい。日本食レストランも多く、中華レストランは小さな都市にもあります。お茶やイオン飲料は手に入りにくい。気候がいいためかオープンテラスの店が多く、子連れには気楽。
食料持込 厳しい制限があるものの、制限品以外は持込可能。持込制限を参照。
子連れ
スポット
グリーン島をはじめとした島々、グレートバリアリーフ、動物園のほかキュランダの世界遺産を楽しむツアーも。コアラを抱いての写真撮影やカンガルーへの餌付けなど、こどもが喜ぶスポットが充実。
交通 短距離ならタクシーが安くて便利。バスもありますが、所要時間が長いので、長距離向け。ツアー会社によってはシャトルバスもあります。
査証 短期滞在でもETASという電子ビザの取得が必要。パスポートは出国時まで有効であればOK。取得方法は別項参照。
子連れde海外!!もご覧ください