ケアンズ・ポートダグラス母子旅行記(2)
02年11月長男10歳、長女4歳、次男1歳5ヶ月

子連れde海外!!もご覧ください
3日目キュランダへ
昨日申し込んだツアーの迎えでケアンズ郊外の駅へ向かう。そこからキュランダ観光鉄道に乗り込む。駅の線路の向こうに牧場があり、息子は電車が来るまで馬や牛を見てごきげん。
キュランダの観光列車はレトロな電車で、「世界の車窓から」を見て憧れていた。観光用の列車なので途中景色のよいところで休憩があり回りの景色を堪能できる。
キュランダについてからシャトルバスでレインフォレステーションへ。ここのアーミーダックというベトナム戦争時にアメリカ軍が使った水陸両用車のツアーを楽しみにしていた。
日本語ツアーで来ると日本語ガイドが案内してくれるようだが、現地ツアーの私は英語の解説。でも日本語の解説の紙をくれるので大丈夫。熱帯雨林の中を走り、近くの沼へ。そのままボチャンと沼に入り、ボートのように遊覧する。熱帯植物等も楽しめておすすめ。ブーメランを投げたりアボリジニのダンスも楽しめるが時間があまりないので省略。アラを抱っこして写真を撮り、キュランダの街へ戻る。昼食は通りのテラスでステーキやハンバーガーを食べる。
帰りはスカイレイルというロープウエーで。広大な熱帯雨林を下に眺める。長男いわく「ブロッコリーみたい」。途中2箇所のステーションで下車して付近を散策。滝が見えたりしてなかなか楽しめる。朝はヨチヨチ歩いていた次男がしっかりと長い距離を歩いてビックリ。
旅行に出るたびにこどもたちが一回り成長するのを感じる。日常と違う刺激が成長につながるのだろうか。旅行に出るといろいろなことができるようになる。
終点の駅でツアーバスが待っていた。行きのバスでは帰りのバスで払ってと言われたが、帰りのバスでも何も言ってこないので、料金を支払いたいんだけど...と言って払う。のんびりしているというか...残金$100.50で手数料とあわせても、A$117.00(おとなひとり・こども(長男)ひとり)と、格安でした。
ホテルに戻ったのは16時近くだったのですが、こどもたちの希望で、部屋のすぐ裏のプールへ。18時近くまで泳ぎました。
今日の夕食は昨日買った材料で部屋で調理。ピザやミニステーキ、五目御飯やサラダなど。

4日目グリーン島ツアーのあとポートダグラスへ
朝早く起きて、コーンフレーク・ヨーグルトで簡単に食べてツアーの送迎バスでケアンズ港へ。持ってきたレトルトの釜飯が余ってしまった。この先レンジはないので、チンして持って行く。
グレートアドベンチャーの窓口で予約番号を告げ券を買う。おとなひとりこどもひとりでA$87.75。UCカードで15%引きになるのだが、サインが違うと言われてよく見たら夫のカード。間違えて持ってきたらしい。しょうがないので別のカードで支払い割引なし。45分ほどでグリーン島に到着。まっすぐビーチへ。パラソルとチェアをレンタル。
長男は普段は海嫌いでプール派で、行く前も「プールのほうがいいなー」と行っていたのだが、ここの海はお気に召したらしく、7時間の滞在中ずっと海に入りっぱなしでした。彼が一番楽しかったのはグリーン島だったらしいです。
長女も長男と一緒に海の中でぷかぷか。わたしと次男はふたりを眺めながら砂遊び。お昼は朝チンして持ってきたレトルトの釜飯やヨーグルトやナチュラルチーズ、バナナを食べてすませる。
出発30分前にようやく海を引き上げシャワーを浴び着替え。帰りの船では爆睡。港についたら、預けてあった荷物を引き取り、送りのバスへ。こどもたちは爆睡してしまい、カーブで座席から転げ落ちてしまいました。
リッジズに到着後チェックイン。1Fのプールのとなりの部屋にしてもらえラッキー。お部屋はツイン2部屋を改造したもので左右対称のつくり。キングサイズのベッドにソファベッドとアームチェア、ダイニングテーブルがあり、ゆったりとしている。リビングと寝室も仕切ることができる。荷物を置いたあと、バスで街へ。
バスは敷地の中に入りフロントの前まで来るので実にラクチン。料金はおとなA$3。こどもはA$2だったかな。バス停を降りたところに中華料理店があり、そこで夕食。
オープンエア席があったのでそこにした。中華料理店でも生牡蠣があるのはお国柄か?生牡蠣とチンジャオロースー、チャーハン、蟹とコーンのスープ、ビール、コーラなどを頼み$47.10。
日曜でスーパーが早く閉まってしまったので、少し遠いリカーショップに行き、ビールを買って帰る。
帰りのバスで初老のおじさんが席を譲ってくれる。ホテルについてからもベビーカーを下ろすのを手伝ってくれた。
降りてからバスに向かって次男にバイバイさせたら、すごい勢いで手を振り返してくれて今思い出してもうれしくなる出来事でした。

キュランダ鉄道です。
とてもレトロ。

馬に興奮!

スカイレイルの散策コースには展望台がいっぱい

水陸両用の
アーミーダック

スカイレイル

コアラを抱っこ

次男は砂遊びに夢中

5日目 1日中ホテルのプールで過ごす
部屋でコーンフレークやヨーグルトの朝食を食べ、プールへ。部屋を出て10歩ぐらい歩くとプールなので何か取りに帰るにもラクチン。プールは広く、2段になって滝のようになっていたり、変化に富んでいる。こども用のプールには半分ぐらい覆いがかかっていて、紫外線を気にせず遊ぶことができる。
午前中たっぷり遊ぶ。お昼は部屋に戻ってスープパスタや缶詰などで食事。ちょっと昼寝したあと、午後もプールで遊ぶ。16時ぐらいに部屋に戻り、入浴。わたし+次男、長男+長女が同時に入浴できるので便利。最初部屋を見たときにはバスルーム2つなんていらないからその分部屋が広かったほうがよかったと思ったけど訂正。食事をするためバスで街へ。レストランをいろいろ見て歩き、最終的にマンゴージャムというイタリアンレストランへ。オープンエアの席に座る。キッズメニューもあり、こどもたちにはお面の塗り絵をくれるので飽きずに待っていられる。ここのピザはとってもおいしい。キッズメニューを2人分、ピザとサラダ、ビール2本を頼みA$55.45。
夕食後スーパーで買い物。パンや果物、トマトやチーズ、ヨーグルト、ジュースなど買い込む。ここのスーパーではビールが買える。ホテルに戻ったあと長男の希望でゲームコーナーでちょっとプレイ。1回50セントぐらいでできるので、5ドル分でけっこう楽しめたようだ。フロントで明日のキッズプログラム(無料だが食事は別途A$10かかる)を申し込む。

6日目につづく...

長男は美しく波もほとんどない
グリーン島の海に夢中でした。

滝もある素敵なプール

シェードのあるこども
プールで水遊び