到着・・・・・7時間のフライトを終え、明け方到着。とても眠い!!が、子供たちは元気。現地係員の説明後、グリーン島へ向かうフェリーターミナルへ。私たちは宿泊者ということで、スーツケースは預け(ホテルの部屋まで運んでくれます)宿泊者専用のVIPルームへ案内され、出発までの時間をそこの部屋で過ごしました。部屋ではコーヒー・紅茶・クッキー・水等おいてありました。お腹がすいていたので朝ご飯を買いに長男とエスプラネードのマクドナルドへ。6時ごろから開いているそうです。

フェリー・・・揺れます。寝不足だったため一家で仮眠していたのですが、私は最後までもてず、ついに袋の御用に・・・(酔い止めは飲んでおいたのですがだめでした)

グリーン島・・パンフレット通り!きれいな海!自然!という感じです。フェリーから降りると宿泊者はすぐに『グリーンアイランドリゾートホテル』に案内され、そこでチェックイン。時期的に混んでなかったからか、通常14:00チェックインのところすぐに部屋へ通してもらえた。7時間のフライトと寝不足の体には本当に助かった。10:00には部屋に入れたのだ。部屋はコテージタイプで屋外の廊下を歩いて各部屋へいける。クィーンサイズのベッド2つ。シングルベッド1つ入っても余裕の広さ。お風呂も広く申し分ない。ベランダからは、目の前に宿泊者専用のプール。まわりは自然。本当にリゾートホテル!という感じです。少しゆっくりした後さっそく海へ。昼食にサンドウィッチを買ったのだが、ここで私の英語力のなさが・・・18$を80$と聞き間違え、「高いな〜」と思いつつ80$出していると店員さんに「OH!18$!!気を付けて!」(英語で)と言われました。聞き取りは難しいな〜。

        

海はきれい!季節は秋とあってちょっと曇ると海水は冷たく感じるが入れないことはない。晴れると夏のようだしきもちいい。無料で借りられるシュノーケリングセットで、長男(3歳11ヶ月)初挑戦!怖がりな長男が水中眼鏡にチューブをくわえ、浅瀬でシュノーケリング?もどき。私たち夫婦は交代で楽しんだ。ひざ上くらいの深さでも結構魚がいて、中でも「えい」との対面にはびっくり!こんな浅いところであえるなんて・・・

       

グリーン島では17:00を過ぎると宿泊者だけになり昼間の賑わいは無くとても静かです。が、魚の餌付けショー、夕日を見ながらウエルカムドリンク、夜行ツアーなどなど様々なアトラクションが用意されており、退屈することはありません。長男は魚の餌付けショーがお気に入りのようでした。日中はワニの餌付けショー&ワニ抱っこもできます。ただ、売店というものがないので夜はちょっとお菓子を食べたいと思っても部屋のミニバーのものしか手に入らないので昼間に売店で買っておくといいかも。

ケアンズ・・・ 素晴らしいグリーン島を後に後半はケアンズ。ピアの上にある『ラディソンプラザホテル』へ。ここでも通常14:00チェックインのところすぐに入ることができた。ホテル内の中華料理店で昼食を取ったがここは「う〜ん・・・」という感じ。高いだけだった。食後「エスプラネード通り」をプラプラ。期待していた「ラグーンプール」が工事中で残念。朝食は部屋で取っていたので食料品を買うためスーパーへ。現地のスーパーはなんだかわくわくする。雑貨はお土産にもなる。ニモの形の浮き輪を発見。購入し、さっそくホテルのプールで使用しました。夕食は「ナイトマーケット」で安く済ませました。

ドキドキツアー オプションで申し込んだ半日観光。日本在住歴10年のアリーさんのガイドはとても面白く、お決まりの、要所を押さえたツアーだった。コアラ抱っこ、カンガルーの餌付け、バンジ−ジャンプ(みるだけ)長男はとても満喫していた。バンジ−はやりたいといっていたので、次に行くことがあったら一緒にやってみようと約束したが・・・

     

買い物・・・・ 免税店はとても小さかった。やはり日本人ばかり。OKマートではタダでミネラルウォーター3本GET。ミルク用の貴重な水になりました。旅行途中でフィルムが足りなくなりケアンズで購入したが高い!日本で余裕をもって用意しておくべきだったと反省。

帰路・・・・・ くどいほどバシネットの席をリクエストしておいたおかげで?満席の中無事スクリーン下の席がとれました。7時間のフライト、息子たちはどうだろうと心配でしたが、行きの夜行便より気を使わなくてもいい分楽に感じました。長男にはここまで隠し持っていたお気に入りの「デカレンジャー」の絵本を与え、次男はお菓子攻撃で乗り切りました。

         長男・・・・「名古屋よりオーストラリアがいいね」「またいきたい」「いっこめにとまったところがよかったね
          
          次男・・・・「家族旅行って楽しい!」(母代読?)