プーケットの子連れ基本情報

・アンダマンの宝石プーケット。古くからのリゾート地のため、キッズプログラムも充実していて、子連れにおすすめの
リゾート地です。パトンやカタ・カロンはそこそこにぎわっていますので、滞在ビーチを選べば我が家のように昼間は
プールや海でのんびり、夜は買物という過ごし方が好きな方はエンジョイできます。
雨期には島の西側のビーチは波が高く遊泳禁止となりますが、ホテル料金がぐっと下がりますので、プールでのんびりする
派なら、雨期もまた捨てがたいものです。
年末年始はホテルの料金もぐっとあがる上に12/24と12/31はガラディナーが宿泊条件となる場合もあります。
ひとり3000バーツぐらいかかる場合もありますので、注意してください。ホテルだけでなく、バンコク−プーケット飛行機もタイトなので、個人で行く場合は早めの予約が必要です。予約開始後すぐに満席、満室になる場合も多く、1月中旬に予約を入れたらすでに満室ということもありました。

飛行機 成田、名古屋、関空、福岡より直行便あり。成田からは行き7時間、帰り5.5時間かかります。
気候 年間平均気温は28度で最高気温は30〜33度、最低気温は22〜25度と1年中泳げる。乾期は10月後半〜4月で湿度が少なく波も穏やかなベストシーズン。雨期は5〜10月前半で波が高くなり、西海岸は遊泳禁止になりますが、暑気より若干涼しくなるため、過ごしやすいく、緑が多いせいか日本の夏より涼しく感じます。9月が雨のピーク。室内は冷房が寒いぐらいなので、はおる物を持ち歩いたほうがいいです。
時差 日本よりマイナス2時間で時差ぼけの心配はありません。日本の午後3時が現地の午後1時。
治安 重大犯罪は少ないのですが、引ったくり、置き引き、観光地での詐欺などに注意。夜人気のないところは要注意。
衛生
医療
水道水は飲めない。ホテルには飲料水が置いてあります。
バンコクプーケット病院、インターナショナル病院には日本人通訳がいます。
通貨 タイバーツ(Baht).1バーツは2.8円前後で1バーツ100サタン。
TCのほうが両替率がよい。TC1枚ごとに手数料23バーツかかるので額面大きいほうが有利。現金両替は額面でレートが変わり、こちらも高額紙幣が有利。最後の両替用に小額を用意し、あとは1〜2万円のTCかお札+カードが一番。
ホテルは率が悪いので、空港やショッピングセンター等の両替所や銀行で。
物価 非常に安い。コンビニでシンハビールB35・コーラB15、メリディアンのディナービュッフェB800。
定価の場合はもちろん誰が買っても同じ価格ですが、タイでは所得に応じて負担するという考え方があるため(会社の飲み会で部長はヒラより多く払うのが当たり前という考え方と同じです)、現地では金持ちの部類の日本人は多く払って当然と思われています。ぼられているわけではありません。
紙オムツ デパートやセブンイレブンなどで入手できるが、日本より高いです。
食事 日本食レストランもある。ヨーロピアンが多いので、イタリア料理店などの西洋料理のレストランも多い。タイ料理も辛くないものを選べば、苦手な人も大丈夫。
子連れ
スポット
ファンタシー、プーケット動物園、バタフライガーデンファーム&水族館、サイモンキャバレー(おかまショー)。 アイランドツアーにはピピ島、ラチャ(ラヤ)島、カイ島、コーラル島、マイトン島(休止中)がある。
交通 空港〜ホテルはリムジンタクシーが便利。近距離だとトゥクトゥク利用となる。プーケットのトゥクトゥクは3輪のものではなく、トラックの荷台に座席を設置したタイプです。
おすすめホテル キッズプログラムが充実してるのは、プーケットラグーナ、ドゥシットラグーナ、メリディアン・ビーチ・リゾート、ホリディイン、JWマリオット、ノボテルなど。
繁華街(パトンビーチ)に近いのは、ホリディイン、ノボテル。
プールはビーチリゾートなのでどこも充実している。
家族の人数が多い場合、2ベッドルームのあるアラマンダ(コンドミニアム)や、2段ベッドもあるキッズスイートのあるホリディイン、5人まで同室可のJWマリオットなどがおすすめ。
査証 30日以内の滞在は必要ないが帰りの航空券が必要。入国時にパスポートの残存期間が6ヶ月以上必要になりました。