本文へスキップ

子連れde海外!!トップ 子連れ海外旅行のノウハウ 出発までの準備 > クレジットカード付帯海外旅行保険の活用

子連れde海外!!

http://www.kozure.net

クレジットカード付帯海外旅行保険の活用credit card travel insurance

クレジットカード付帯の海外旅行保険を活用しよう!

海外旅行保険が自動的に付いてくるクレジットカードがあります。クレジットカードに自動付帯する海外旅行傷害保険をうまく活用すれば保険料を節約することができます。カード会員本人だけでなく、親族にも海外旅行保険が適用になるカードもありますので研究しましょう!

  

クレジットカード付帯海外旅行保険の基礎知識

傷害死亡・後遺障害、傷害治療費用、疾病治療費用、救援者費用、賠償責任、携行品損害、がセットされているものが大半で、疾病死亡その他の補償は付いていない場合がほとんどです。また携行品損害は免責3,000円となっています。
保険がついたカードを複数持っていても一番高いカードの保険金額が限度になると言われていますが、これは死亡・後遺傷害のみに当てはまり、治療費用その他実費補償分については各カードの限度額が合算されます。治療費用が200万円、150万円、50万円のカードを持っている方が500万円の治療費がかかった場合は各社から総額400万円、治療費が30万円なら各社から10万円ずつ合計30万円支払われます。
カードに付いている保険の場合、カード会社と保険会社の契約でキャッシュレス治療は受けられない等の制限付になっている場合があります。また、一定のカード利用がないと保険がつかないカードや、出発前にカード会社に申込をしないと保険がつかないカードもあります。
こうした規約は変更されることもありますので、出発前に各カードのホームページ等で内容を再チェックしましょう。

年会費無料で海外旅行保険が付いているカード

年会費無料で海外旅行傷害保険が自動的に付帯するカードがありますので、定期的に海外に行かれる方にはおすすめです。
このほか、シティ クリアカードやUFJ VAISOカードも海外旅行ツアー代金や海外旅行のための公共交通乗用具の代金をカードで決済すると海外旅行傷害保険が付きます。

カード名 傷害死亡
治療費用 救援者 携行品※ カード年会費
TOP&カード/東急カード 1000万 100万 100万 20万 永年無料
横浜インビテーションカード/JACCS 2000万 200万 200万 20万 永年無料
東京電力Switch Card
/三菱UFJニコス
2000万 50万 100万 15万 東京電力の電気代決済で無料
UPty iD iLIVE/オリコ 2000万 200万 200万 20万 永年無料
JCB EIT 2000万 100万 100万 20万 永年無料

家族特約付の海外旅行傷害保険がついているカード

カード会員(家族カード会員含む)本人にのみ海外旅行傷害保険がついている場合が多いのですが、各種ゴールドカードには、家族カードを持てない年齢の一定範囲の親族にも海外旅行傷害保険がつくカードがあります。わたしが調べてみた範囲では、UC(セレクトカード、ヤングゴールド、プラスハッピー)、三井住友VISA(ヤングエグゼクティブ、ヤングゴールド、ゴールド)、DCゴールドカード、UFJ(プレミオ・ヤングゴールド、ゴールド)、JCBゴールドカードなどです。
アメリカン・エキスプレスについては、カード会員と同一生計の家族の海外旅行のツアー代金、海外旅行のための公共交通乗用具(航空券や鉄道・バス・船など)の代金等をカードで決済すれば保険が付きます。NEX、スカイライナーもOKとのことです。(会員本人も旅行関連の決済しないとつきません)。
アメリカン・エキスプレスは、会費が若干高いのですが、成田・関空の空港駅改札口・バス降車口〜チェックインカウンターの無料ポーターサービス、帰国時の成田・関空〜自宅の無料宅配サービスなど、子連れ旅行(特に母子旅行)にはうれしいサービスが最近用意されたので、注目してます。
ゴールドカードは、空港ラウンジも使用でき、おすすめです。夫婦とも飲兵衛の我が家はいつも成田空港のカードラウンジで親はビール、こどもはジュースでのどをうるおしてから出発しています。