持って行くかどうか迷うもの
・紙オムツ
帰りはなくなるものなので、持参をオススメします。先進国では簡単に手に入りますが、生理用品同様、日本製の品質はピカ一です。またデパートやコンビニでは値段も高いし、パンツ型は手に入りにくいです。シンガポールでは簡単に買えると思い少なめに持参したところ、数枚の不足のためにトイざらスで大1パック買い、残りを持って帰るハメになりました。価格が高いのに吸水性は悪く、後悔しました。以来多少余るぐらいに持って行ってます。スーツケースに紙オムツが入りきらない場合は、紙オムツのパッケージに直接タグをつけて預ければOKです。
・ベビーカー
日本でも使っているならぜひ持参を。ベビーカーなら観光やショッピング、食事中に寝てしまっても問題ありませんし、プールサイドでの昼寝もベビーカーに寝かせれば転落の心配がなく安心です。観光やショッピング、テーマパーク中心で歩き回るつもりなら、けっこう大きい子でもあると便利です。先進国ならバギーを3千円位で買えたりするのでバギータイプのものを現地で安く買う手もあります。
食べ物・飲み物
こどもは微妙な違いでも受け入れてくれないことが。月齢の低い赤ちゃんやこだわりタイプのこどもには、ある程度の食べなれたものを持参するほうが無難です。離乳食は持ち込みに厳しいオーストラリアにも持ち込み可能です。
また、海外ではお茶類やイオン飲料は手に入りにくく、あっても高かったりします。観光地やテーマパークでは炭酸飲料しか手に入らないことも。こどもが小さいうちは濃縮麦茶やイオン飲料の粉末など重宝します。
持って行くと役に立つもの
・マグマグ
コップで飲める子もこぼさないので便利!機内では乗務員に渡せばジュースを入れてくれます。
パレオ
大きめなものを持参すると母乳を上げるときの目隠し、こどもが寝たら掛けたり、寒いときスカーフ代わり
など多目的に使えるし、バスタオルよりおしゃれでかさばりません。
・ジップロック等のファスナー付ビニール袋
おやつやおてふき(濡れタオル)を入れたり、水を入れて凍らせたり、レシートや半券を入れたり、役に
立ちます。大きなサイズのものは着替えの整理にも重宝。ミルトンでマグマグなどを消毒するときの容器
にも使えます。
・小さい洗面器または水遊び用のバケツ
洋式のお風呂で入浴する際、特に固定式シャワーの場合に便利です。プールでの水遊びはもちろん、湯
を張ってビンの離乳食をあたためたりもできますし、きれいに洗えばミルトンで消毒するときにも使えます。
・爪切り
こどもの爪はすぐに長くなります。また、現地で買った洋服やおもちゃのタグを切ったり、重宝します。
・医薬品
風邪薬、鎮痛解熱剤、鼻炎薬、下痢止、整腸剤、酔止め、目薬、胃薬を大人用こども用と持っていきます。
1歳以上なら市販薬でOK。シロップの場合は未開封で容器がガラスでないものを。海外のものは華氏表示
なので、体温計も欠かせません。発熱用冷却シートは、日焼けで火照ったときにも使えます。外傷用には
バンドエイドとイソジン消毒薬、テラ・コートリル軟膏がオススメ。必要に応じてあせもの薬やかゆみ止めも。
・虫除け用品
ベビーカーにどこでもベープ等の電池式蚊取りを付けるのはおすすめ。夜は部屋でそのまま使えばいいのです。小さな子の場合、吸い込む危険のない、ウエットティッシュタイプやジェル状の虫除けがオススメです。ハッカなど天然素材で虫除けするのもいいでしょう。
現地調達もいいもの
※○○で売っている等メドがついている場合を除いては、絶対に必要なものは日本から用意していったほうがいいと思います。ないと現地で探し回ってしまい、無駄な労力を費やしてしまいます。なくても困らない、あったらいい程度のものが現地調達に向いています。
洋服
Tシャツなどおみやげ代わりに現地で購入してはいかが?必要最小限は日本から用意しておきましょう。
.・水遊び用品
浮輪や、砂遊び用品など、カラフルだし安いことが多いです。
サングラス
こども用サングラスは現地のほうが種類が豊富でかわいいものが多いです。
子連れ旅行の持ち物